TOP > iPhoneはさまざまな機器を吸収している

iPhoneはさまざまな機器を吸収している

iPhoneはスマートフォンの先駆けとして発売された製品です。

大きな液晶画面が搭載されているのが特徴で、タッチパネルが付いているので液晶に触ることで直感的な操作が可能になりました。
ピンチインやスワイプと言った操作で分かりやすくなりました。
iPhoneは今までの携帯電話よりもパソコンに近くなっています。

高性能なCPUを搭載していて、高機能なグラフィックを使ったゲームもできるようになりました。


iPhoneはアプリをダウンロードすることによって機能を追加することができます。

作っているのも大きな企業から個人まで幅広く作られていて、痒いところに届くというものがあります。



iPhoneの登場によって今までは電話の機能が中心だったのがデータ通信の量が増えるようになっていました。



他の電子機器に使われているものも吸収していて、使いやすくなんでもiPhoneでまかなえるようになっています。
Webブラウジングも大きな画面になってから操作がしやすくなり、動画の視聴も液晶画面が大きくなってきたことから臨場感があるものになりました。カメラ機能は手軽に使えることからデジタルカメラ市場にも影響するものになりました。


EXIFと呼ばれる撮影したデータを記録するものに撮影した場所や方角などを記録することができるようになり、後から地図上でどこから撮影したのかを確認することができます。
動画も撮影でき、気軽に投稿サイトにアップロードができます。